賃貸のキッチンから吊り戸棚を外した物件

風呂が玄関の近くではなく、奥に設置されていることを条件に賃貸探しをしたことがあります。意外と多くありました。

賃貸のキッチンから吊り戸棚を外した物件

設備の位置にこだわった賃貸選び

賃貸住宅の間取りは似通っていることが多いと思います。玄関を入ったらすぐにお風呂やトイレがあり、その奥が部屋、という感じです。1Kの間取りなら、玄関を入ってすぐがキッチンです。使い勝手は良いかもしれませんが、お風呂が玄関に近いと私はあまり落ち着きません。そこで、玄関を入って部屋の向こう側にお風呂がある間取りの賃貸を探したことがあります。広さは2LDKもしくは3LDKという条件で探してもらったところ、意外にも結構ありました。一番気に入ったのは、玄関を入ってからリビングまではクローゼットだけで、リビングに面して風呂、トイレがある物件でした。

常に人がいるリビングは、テレビやパソコンの熱の関係もあって、他の場所よりも気温が高いように思います。それに引き換え玄関の近くはとても寒いです。玄関の近くに風呂があると、冬はリビングを出て風呂場に行くだけでも寒くて億劫になってしまいます。リビングの隣が風呂場なら、冬でも全然苦になりません。他の条件が合わず、その物件は借りませんでしたが、住めばきっとバスタイムが快適だったろうと思います。賃貸住宅を選ぶ時は、間取りや広さにこだわる人は多いですが、風呂やトイレなどの細かい位置にまでこだわる人は少ないのではないでしょうか。そういうところに目を向けて部屋選びをするのも面白いと思います。