賃貸のキッチンから吊り戸棚を外した物件

賃貸の模様替えをするときは、目に優しい環境をつくることを心掛けると良いです。補助照明なども利用しましょう。

賃貸のキッチンから吊り戸棚を外した物件

目に優しい賃貸部屋をつくる模様替えのコツ

壁に穴をあけたりするなどの大掛かりな模様替えは出来ないとは言うものの、ちょっとした工夫で居心地の良い部屋に模様替えする工夫は可能です。最近の環境では、仕事や勉強、プライベートのスマートフォンなどでも目を酷使する機会が増えました。なので、せめて部屋でくらいは目が休める環境を整えてあげたいものです。まず、原状回復などの必要がない程度の模様替えでしたら、照明を明るいものに変えたり、テレビの設置場所に気をつけてみると良いです。照明ですと、リビングでくつろぐ時の明るさは150〜300ルクスほどあれば大丈夫です。しかし、読書など細かい文字を見る時には500〜1500ルクスの明るさが必要と言われています。賃貸でしたら、スタンドタイプの補助照明を買ってきて、読書する場所に置いておくと良いでしょう。オシャレなものを買えばインテリアにもなります。

テレビの設置場所は、模様替えするのならば出来るだけ近過ぎない位置に設置しましょう。他にも、パソコンなどは正しい姿勢で使える場所に置いておくと良いです。また、インテリアとしても使え、さらに目に優しいバイオライトなどの光源を取入れると、程よい明るさで読書などを楽しむ事が出来ます。