賃貸のキッチンから吊り戸棚を外した物件

賃貸物件では入居者が入れ替わるため、騒音トラブルに発展するケースが多いです。トラブル回避について説明いたします

賃貸のキッチンから吊り戸棚を外した物件

賃貸物件における騒音トラブル回避

賃貸物件は入居者が入れ替わることが通常ですので、騒音トラブルに発展するケースが多い傾向にあります。自分が騒音の加害者にならないように、騒音トラブルの回避策について説明いたします。まずトラブルになる要素の大きい点として、相手の顔がわからないことによる怒りの感情があります。引越してきた人が近隣の住戸に挨拶をしないケースが増えており、何となく引越してきたと近隣住戸の人は分かりながらも顔が見えないため、騒音現象に対しての怒りが蓄積するというパターンは多いです。

プライバシーを気にして挨拶をしない場合もありますが、近隣住戸の間柄を意識して引越しの挨拶は確実に行うようにしましょう。出来れば上下左右の住戸はおさえておきたいところです。次に小さい子供がいる場合は特に下の階への影響を考慮しましょう。上の階の人からすると、下の階の人が感じる音に関しては疎かになりがちですので、小さい子供の足音が響かないように防音マットを敷くなりの対策を必ず行うことが肝要です。

また、音楽や楽器の演奏は夜中にはやめることは賃貸の集合住宅では基本ルールですので、その他のマンションの使用細則などをよく確認し、音に対するマナー向上を心掛けましょう。